ブログトップ

vegetable garden Hibiki

noukakibou.exblog.jp

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

続・美味しいレタスの見分け方

昨日 レタスのお嫁第一号がスーパーへ行きました。
おめでとうーーー。パチパチパチ。
ちょっと収穫するのが早かったかな。暖冬といってもやはり厳寒期。
思っていたより成長が伸びないですね。

さて、美味しいレタスの見分け方の続きです。

3.お尻のとがったものより平たいものを選んでください。
 お尻がとがったものというのは、大抵肥料が多かったり、温度が高かったり、収穫のタイミングが早いとそうなります。それがなぜ美味しくないのか。やはり、じっくりと育ったほうが味ものりますよ。肥料が多い、温度が高いというのはレタスの成長を早くする要因です。早すぎると、大切な栄養を吸収できない場合もあるのです。だから比較的平たいレタスというのは、とがったものに比べてじっくりと育っているので、美味しいのではないでしょうか。

みなさん、どう思われます?
[PR]
by mouwakakunaizo | 2007-02-05 22:38 | ハウス野菜

美味しいレタスの見分け方

11/3に定植したレタスが適期を迎えています。といっても、ハウスの中では外側と真ん中などで温度差があり、一斉に収穫とはいかないのですが。。。それでも、数にすれば40個くらいですかね。会社としては120個くらいを毎日出荷できるようにしたいみたいですが、実際はそうはいきません。野菜の顔を見てからそういうことを言ってほしいですかね。でも、話をすることによって少ない数をスーパーへ出荷することになりました。自分なりには満足のいくものはできなかったのですが、自分の子供たちがお嫁に行ってくれるのは良いことです。来週にはスーパーへ並ぶと思います。良いお客さんに出会えるといいね。昨日久しぶりにスーパーへ行ったらレタス高いですね。今はモノが無い時期なんですよね。大抵が静岡県産ではないでしょうか。

そうそう、レタスをお店で買うときのポイントは、、、
本には   1.巻きが8分程度で葉がぎっしりとつまってないもの
       2.切り口10円くらいの大きさで、白いもの
       3.葉の緑が淡い色のもの    などと書いてあります。
すごい間違っている訳ではないのですが、私から見ると首をかしげてしますコメントもありました。切り口が小さいものといっても、これはレタスの種が持つ力によって変わります。土から肥料を吸収する力が強いものは根をしっかりと張りますから、切り口が小さくない場合もあります。根をしっかりと張っているということは、レタス自身で肥料を吸収する力が強いので肥料をたくさん入れなくても良いということも考えられます。

それでは私流の美味しいレタスのの見分け方!!
 1.巻きは8~9分のもの レタスは若いうちに収穫してしまうと味があまりのっていないだけはなく、苦味も強いはずです。熟してきて甘みや旨みがのってきます。若くてふかふかなのはあまり美味しくないはずです。
 2.切り口にはこだわらない。一般的には切り口は赤くなく白いものと言われています。それではレタスの切り口が赤くなる原因は何でしょう。レタスは切ると切り口から白い液が出てきます(これがレタスの名前の由来ですが、余談ですのでまた今度)。それが空気に触れ酸化することによって赤くなるわけです。だから赤い=古いとはならないのです。でも、畑ではお客さんが赤い=古いと考えているのを考慮し、切り口を水で洗っています。そうした作業の上でお店に並んでいるレタスの切り口は白いものが多いわけです。
 
ちょっと長くなってしまったので、続きはまたの機会に。。。すみません。
[PR]
by mouwakakunaizo | 2007-02-02 10:59 | ハウス野菜